募集馬評価

2019年度シルクホースクラブの1歳馬募集馬を評価する|ロードカナロア編

シルクホースクラブ募集馬ロードカナロア編

牝馬三冠とジャパンカップを制覇したアーモンドアイを初年度産駒から出したロードカナロア。

種付け価格も上昇し、今年のセレクトセールでも高額落札馬が多く誕生しました。

それくらい産駒の1頭1頭のレベルが高いことが伺えます。

3世代目に当たる今年。

シルクホースクラブにアーモンドアイに匹敵する馬はいるのか。

それぞれを評価していきます。

2019年度シルクホースクラブの1歳馬募集されるロードカナロア産駒

今回募集されるロードカナロア産駒は全部で5頭。

関東は3頭

9.リュラの18

10.パープルセイルの18

11.フィロンルージュの18

関西は2頭

45.スリールドランジュの18

46.ペンテシレイアの18

やはり気になるのは母の姉がハープスターのリュラの18ですね。

キャロットで募集されたリュラがシルクへ・・・

一口馬主による仁義なき戦いが始まってます。

あとは近親にダービー馬ロジユニヴァース、秋華賞馬ディアドラがいるペンテシレイアの18もいます。

それでは各ロードカナロア産駒の評価をしていきます。

9.リュラの18

評価▲ 出資したいレベルD

姉にハープスターのリュラの初仔です。

リュラの父ステイゴールドが災いしたのか、残念ながら未勝利で引退。

そんなリュラの18はロードカナロアを父に持ち、シルクで募集。

どんな馬かと拝見すると、僕はかなり良い印象を持ちました。

胸前の筋肉が発達しているのが印象的。

現時点で馬体重があるところを見ても、サイズ的な問題はクリアされています。

あとは気性面がどうか。

母父ステイゴールド。

気性難さえ出なければという前提が付きまとってしまうので、その部分は現時点でも把握しておきたいところです。

ハープスター以外、ヒストリックスター一族は走っていませんが、全然ダメっていう感じはしませんけどね。

10.パープルセイルの18

評価△  出資したいレベルE

今回が初仔の本馬。

体高が低めで、現時点では小さくまとまっております。

そういうロードカナロア産駒って走るのかなと思ってしまったので、この馬が走ったらお手上げです。

他のロードカナロア産駒のほうが良く見えたので、この評価に。

11.フィロンルージュの18

評価○  出資したいレベルB

母フィロンルージュはダートで大活躍したヴァーミリアン(父エルコンドルパサー)の妹。

母は1勝のみでしたが、近親馬の活躍を無視することができません。

リストの段階からこの母にロードカナロアは面白いかもなーと思っていたのですが、良い意味で裏切られました。

いかにもダートが向きそうな血統であるにも関わらず、馬は芝向きです。

馬体は現段階で言うことなし。

ガッチリとした筋肉が前後に付いていて好感を持ちます。

現3歳馬ベルクワイアとほぼ同じ血統配合というのも推せるポイント。

あとはロードカナロアを付けたことで1200~1600くらいに振ってきたのも良いですね。

気性次第では良いところまでいきそう。

アーモンドアイとまではいかないかもしれませんが、桜花賞が楽しみな1頭です。

45.スリールドランジュの18

評価△  出資したいレベルD

ダイナカール一族の母系ですが、母は未勝利引退。

現時点では目立った活躍馬を出していませんが、今回は父にロードカナロアを迎えました。

芝に全振りしたような血統配合で馬体もまさに芝向き。

動きも柔らかいですしね。

ただインパクトに欠けるなーという印象を受けました。

この馬に行くなら違う馬にいっちゃうなっていう評価です。

46.ペンテシレイアの18

評価▲  出資したいレベルC

母母アコースティクスからはダービー馬ロジユニヴァース。

母母母ソニンクは活躍馬を挙げたら切りがないくらいの名繁殖牝馬です。

さて母ペンテシレイアはというと産駒にこれまで目立った活躍馬はいません。

しかし、今回は父にロードカナロア。

期待感が変わってきます。

この馬が母の産駒を代表する馬になってもおかしくないかなと思えますね。

ヌレイエフのクロスを持っているのはアーモンドアイとの共通点でもあります。

馬体も全体的に丸みがあって、大きく見せています。

こちらも悪いところがあまりない印象です。

これからもっと筋肉がしっかり付けば化けても不思議じゃないと思います。

ぜひクラシックを目指してほしい1頭です。

ロードカナロア産駒のどの馬が良かったか

文章の中身でわかりそうですが、現状で目立つのは11.フィロンルージュの18です。

まだまだ伸びしろがありそうですし、気になる1頭。

あとは46.ペンテシレイアの18

これは化ける素質がありますね。

開業してそれほど経っていない武幸四郎厩舎ですけど、今年はファルコンSで重賞勝利と着実にステップアップしている厩舎です。

これからの期待を込めて、出資しても良いのかなと思っております。

だって、ロードカナロア産駒ほしいじゃないですか。

一口6万円、総額3,000万円なら安いはずです。

これからも雰囲気で評価していきます。